あらゆる種類の知識を共有する

公的賃貸住宅の募集について教えてください,記事を読んで理解する、...


1.申請方法:地方の地域住民の方は登録されている地域町内会、その他の管理職の方は雇用されている地域町内会で申請してください。

施設、機関、事業所に新たに雇用されたサービス担当者またはサービス従業員は、公屋戶主除名勤務先の監査部門に申請する必要があります。

2.応募フォーム

3.応募者は、関連資料を提出してください。

4.申請の受理:申請が行われたコミュニティ協議会または監査単位は、関連資料の予備審査を行うことができ、申告された資料が完全で、国の法定貨幣様式に則っている場合、適時に受理し登録する必要があります。

申告した資料に不備があった場合、またはその国の法制度に適合していない場合、地域住民委員会または所在地の会社職員は、2営業日以内に修正すべき内容と資料を申請者に通知します。

5.事前審査:地域住民委員会または会社は、申請書を受理した日から10営業日以内に事前審査を完了させること。 仮審査が地区や単位の条件を満たしている場合。 公表期間は7日間です。 公表に異議がない場合、予備審査に署名し、報告すること。

6.再審査:地区管理委員会および所轄官庁は、申請書類を受領した日から7営業日以内に審査を行い、審査意見書を適時に対象者に提出するものとする。

最終審査:申請者の申請書類を市住宅建設局で最終審査します。 最終評価書が要件を満たした場合、10日間、新聞やウェブサイトなどの報道機関に掲載される予定です。

公告期間中に異議がなく、最終審査に合格した場合は、最終審査通知書に署名・捺印の上、公的賃貸住宅の配分待ちリストに掲載されます。